仮想通貨に使用される新技術

仮想通貨は現在使用されている暗号化技術としてはブロックチェーンを使用しています。これは、言ってみれば取引の情報をチェーンの様につなげてはつなげを繰り返し取引情報をネットワーク上に残すp2pの通信システムを応用し改良したものです。利点としては、ブロックチェーンのブロックはチェーンのようにつながっており改ざんした場合、改ざんした箇所の特定が容易で改ざんをした場所について再度ブロックチェーン同士の情報から復元することができるため、すべてのブロックを改ざんしないとまずデータを改ざんできないという利点があります。
ですが、問題もあり、その問題とは、取引をする方々が増え取引するデータが増加してきた場合、分散してネットワーク上にデータを散らばせて後からブロックとしてつなげるという方式上、取引の成立時間が伸びたり、取引情報がうまく記録できないという問題も起きます。この問題を解決するために生まれたのがDAG型暗号通貨になります。こちらの方式はブロックチェーンと同じコンセプトですが、取引データを巡回し確認をしないのが特徴で取引データについてはそのままブロックチェーン上に記載されます。
その為、データの確認をする作業を常に行わない手法なため、取引にかかる時間が早いという利点があります。ですが、このDAG型暗号通貨は現在においては発展途上のシステムでして、複数のシステムに分かれており、システムが巡回をしない完全なオートメーション化されたシステムと、有人にて選ばれた方々がシステム上の取引を監視するという仕組みを取り入れているものなどもありいまだ不鮮明です。
ブロックチェーンはネットワーク上に分散して取引を記録する手法が取られていて、そのデータの改ざんをされない様に監視者を置く必要性があると考えているDAG型暗号通貨のシステム開発者もおり、こうした複数のシステムが生まれているのが現状です。
仮想通貨においては取引を円滑に行うには通信を暗号化し、分散したうえで高速で処理をすることができるのが望ましく、処理を高速化するために、仮想通貨取引の参加者のパソコンのCPUの一部を使用したり、暗号化したデータを巡回せずにそのままデータが改ざんされているかどうか確認しないなどの他、有人で改ざん個所を特定するなどの手法で取引がされているのが現状で、仮想通貨のシステムとしては分散し、ネットワークの負荷を軽くすることで取引をしており、仮想通貨への参加者が増えて言った場合においては、処理が遅くなるため、データーの改ざんの確認方法を早くするための技術を開発しているのが現状であると言えます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です