株式投資をするときには

株式投資をするというのは、それなりの資金が必要になるわけですが一時期流行したものとしてミニ株というのがあります。もちろん今でもあるのですが要するに単現の1/10で買うことができるということになりますので1000株単位のものは100株単位で購入するということが可能です。
ですから、低い資金で買うことができるようになりますから、株式投資のハードルを下げることができるということがあったのですが、はっきりいって今はそんなにお勧めできることではないです。
とにかく購入金額から考えて手数料コストパフォーマンスがよくないからです。配当金などもその割合に応じて受け取ることができるので株式投資をしているという感じにはなれるのですが利益を出そうということを目指すにはあまり株式投資の本格的なやり方としては向いていないということになります。
ですから、株式投資で利益を出したいというのであればまずは普通に株式投資をしたほうがよいでしょう。
それと最近ではかなり手数料形態としてはよくなっています。それこそ20年くらい前に株式投資をしようとした時にものすごく手数料が高かったなあという思い出がある人も多いでしょう。
今ではかなり安くなっていますので多少の違いがありますがそこまで何倍も違いがあるというわけではないです。
但し、取引の主体がどんなものであるのか、ということによってそこそこ違いが出てきたりすることがあります。
例えば基本的に10万円以下の取引をするようなことが多いとかあるいは100万円以上一度に購入するということが多いと言ったよな自分の取引スタイルによって手数料プランを色々と変えることができるようなところにするというのも一つの手です。
それこそ、デイトレーダーに向いているプランもあるでしょうし、基本的にそんなにやり取りすることがないから一度の取引のコストをできるだけ避けるようにしたいというような人もいるでしょう。
デイトレーダーなどであれば一日単位でいくらということで何度取引をしても問題がないというようなプランもあったりするので、そうしたところを選んで証券会社を利用するということがあるわけです。
一言に株式投資をすると言ってもその人の投資のやり方によってどこの証券会社を選ぶのかというのも違ってくるわけです。
どこがよいのか、というのは様々な情報を集めて、自分にとってメリットがある所を選ぶようにすればよいでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です